ドロットニングホルム

ため息が出るほど美しい!


 

概要

UNESCO (ユネスコ) の世界遺産に登録されているドロットニングホルム宮殿

王妃の小島」を意味するドロットニングホルム(Drottningholm)の名の通り、ストックホルム郊外のメーラレン湖を臨む場所に位置する宮殿です。 1981年から現在の国王の公邸となっています

宮殿の中には宮廷劇場や中国宮殿、庭園があり、夏には宮廷劇場にて、18世紀当時の舞台装置を使ったオペラ公演も催されます。

17 世紀から 19 世紀の芸術品や豪華な内装を堪能したら、庭園での散策がおすすめです。バロック様式の庭園からイングリッシュガーデンなど、フォトスポットも満載。秋には見事な紅葉も楽しむことが出来ます。

王家の住まいを除く一部は一般公開されており、ガイドツアーもあります

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • ヨーロッパの建築を見たい
  • フォトジェニックなスポットに行きたい
  • ロイヤルファミリーを知りたい
  • 演劇やコンサート、芸術を鑑賞したい
  • 自然の中で癒されたい
  • 景色を楽しみたい

 

ここに注目!

中国離宮

夏季のみ公開されている中国離宮 (Kina Slott)は、当時ヨーロッパで流行した「シノワズリ」という中国風のデザインを取り入れた内装です。

また、ヨーロッパならではのロココ調の一面もあり、西洋と東洋の文化の融合からエキゾチックな雰囲気が印象的。

 

宮廷劇場

1766年にロヴィーサ・ウルリカ王妃の為に建てられた劇場。ガイドツアーにより、当時の劇場監督や役者が暮らしていた部屋や当時の舞台装置を見学することが可能です。

 

ギフトショップ

観光客が嬉しい王室グッツをゲットすることができるギフトショップ。三つの王冠のスウェーデン国章のデザインのものから、ロイヤルファミリーにまつわる商品がたくさん!定番のチョコレートなどもあり、バラマキ土産にもおすすめ。

宮廷劇場の隣、カフェのカラメーラン、また中国離宮にもギフトショップが併設

スウェーデンのおしゃれな王室グッツをお土産にしてみてはいかがですか?

 

宮殿までの一本道

Tove Freiij / imagebank.sweden.se

インスタ映えスポットでもある宮殿までの一本道は、まるでおとぎ話の世界。大自然に囲まれ、白鳥の泳ぐ湖に浮かぶ美しい宮殿への道のりは、心酔いしれることまちがいなし!

 

ちなみに

ガイドツアー

ガイドツアーは30SEK。時期によって開始時間や回数が異なるので、事前に確認してください。

ガイドツアーの情報はこちらからチェック。

  

所在地Drottningholms slottsförvaltning, 178 02 Drottningholm
料金 / 入場料大人130SEK〜
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド