幸せを運ぶ「ダーラヘスト」

スウェーデン土産の王道


ダーラヘストとは?

ダーラヘストはスウェーデンを代表する伝統工芸品です

「Dala(ダーラ)=Dalarna(ダーラナ地方)」の「häst(ヘスト)=馬」という名前の通り、馬の彫刻に色鮮やかなペイントが施された手工芸品です。「ダーラナホース」「ダーラナ馬」とも呼ばれています。

日本をはじめ、世界中の観光客そしてスウェーデン人からも愛されている理由は「幸せを運ぶ馬」と言われているから。自然が溢れ、昔ながらの伝統や文化が息づくダーラナ地方で、一つ一つ丁寧に手作りされたダーラヘストは、お土産として、そして、出産祝いなどのお祝い事のプレゼントとしても人気です

 

クラシックなスタイルは、赤いペイントで全身を塗りあげ、「Kurbits(クルビッツ) 」と呼ばれる花模様があしらわれているもの。現在では、白やピンク、ブルーなど多種多様なダーラヘストがあるため、お好きなものを選ぶことができます。

歴史

ダーラヘストの発祥は18世紀頃と言われています

寒さが厳しく、日照時間も短いスウェーデンの冬。暗くなったため木こりの仕事を早く終えたダーラナ地方のスウェーデン人が、ストーブの前でたわいのない話をしながら、余った木材の切れ端で作った「木彫りの馬」が起源とされています。

ダーラナ地方では、馬はバイキングたちにとってもっとも「神聖な動物」として愛されていました。特に木材の運搬をはじめとして馬は彼らの生活に欠かせない存在。また、多くの人にとって馬を持つことは憧れでもありました。そのため、初めは子供へのおもちゃをはじめ様々な動物が作られていましたが、のちに馬がモチーフになったと言われています。

ダーラヘストグッツもチェック

彫刻品のダーラヘストは様々なサイズや色、スタイルが用意。5cmほどの小型のものから、30cmほどのものもあり、部屋のアクセントとして飾ることもおすすめです。さらには、ダーラナ地方の工房では、70cmほどのものまで揃えられています。

インテリアとしての彫刻のみならず、今やスウェーデンのアイコン的な存在として、様々な「ダーラヘストグッツ」が登場

キッチンタオルや木製ナイフ、鍋敷きやエプロンなどの人気なキッチングッツから、コットンバックやエコバック、そしてウェルカムサインとして玄関やお部屋に掛けるタイプも人気!

ストックホルムの王道観光地ガムラスタンをはじめ、街中で多く見かけることでしょう!

日本で購入するには?

旅行には行くことができないけど、ダーラヘストやダーラヘストグッツをゲットしたい!という方はぜひLiLiCoCoへ。

スウェーデン出身タレントのLiLiCoさんがセレクトした北欧雑貨店LiLiCoCoでは、1922年創業の老舗、Grannas(グランナス)をはじめとし、様々なブランドがダーラヘストの愛らしい商品を提供しています。


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド