ヘルシンキ中央図書館 (Oodi)

くつろげる、おしゃれすぎる図書館


 

概要

2018年12月にオープンしたばかりの「オオディ(Oodi)」と呼ばれるヘルシンキ中央図書館。

市民から「夢の図書館」のアイディアを集めることから始まったデザインプロセス。数年もの年月をかけ、市民の「リビングルーム」が出来上がりました。そこは、外見も内部も、デザインはまさに芸術。

ヘルシンキの中心に活気溢れる、新たなアートシーンを作り出しています。

オオディは図書館というより、日本でいう、公民館や文化館、さらには児童館のようなすべての要素が合わさった場所。多目的スペースやゲームルームにVRルーム、さらには作曲室やミシン、3Dプリンターまで揃います。

魅力はなんといっても「開放的な空間」であること

旅行の休憩がてら、窓際のソファに座り読書を楽しんでみてはいかがですか?

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • インスタ映えスポットに行きたい
  • 無料の観光スポットをまわりたい
  • ヨーロッパの建築を見たい

 

ここに注目!

リラックス空間

日本の図書館のイメージと異なり、明るく開放的

仕事や勉強をする人もいれば、くつろぎながらのんびり読書をするフィンランド人がたくさん。

建築として鑑賞するだけでも、十分楽しむことができます

 

ちなみに

・1階にはレストランが。軽食だけでなく、ちゃんと食事をすることも可能です。

・コンセントや無料WIFIも整備。

 

所在地Töölönlahdenkatu 4, 00100 Helsinki
料金 / 入場料無料
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド