トゥルク城 (Turun Linna)

見応え抜群、迷路のような城


 

概要

ヘルシンキから電車で2時間「フィンランドの西の都」ともいわれるトゥルク。19世紀にロシアに還都されるまではフィンランドの首都として栄えました。

フィンランド最古の城であり、要塞としての役割も果たしてきたこのお城。現在は歴史博物館として人気のスポットです。

見どころはなんといっても、入り組んだ迷路のような城内

そこは、まるで中世にタイムスリップしたよう。細い通路を歩きながら、豪華な大広間から牢獄までを見学、当時の暮らしを感じることが出来ます。趣があり、見応えがあると世界中の観光客から人気のスポットです。

トゥルク近郊にはムーミンランドのあるナーンタリ、世界遺産に登録されている街ラウマがあるので、寄ってみるのもオススメです。

こんな方におすすめ

  • ヨーロッパの建築を見たい
  • 歴史を知りたい
  • インスタ映えスポットに行きたい

ここに注目!

冒険気分を味わおう

城内では、中世当時の衣装を着たスタッフがいたり、道が細く迷路のようになっていたりと、ちょっとした冒険気分を味わうことができます

フォトジェニックなスポットもたくさん♪

 

フィンランドの歴史を

スウェーデンの統治時代に築かれたため、スウェーデン文化が色濃く残っています。ここでフィンランドが、どう発展してきたのかを知ることができます。

 

ちなみに

市内中心部からトゥルク城へは10分ほどです。

 

所在地Linnankatu 80, 20100 Turku
料金 / 入場料大人€12
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド