ウスペンスキー寺院 (Uspenskin Katedraali)

豪華!北欧最大のロシア教会


 

概要

北欧最大のロシア正教会ですロシア統治時代 (1862〜1868) に建設されました。

よって、赤茶のレンガ造りから、クーポラという半円型の屋根、華やかな内装も他の北欧建築やヘルシンキ大聖堂とは全く異なる様式。ちなみに、外部の寺院上部の先端部分の金のコーティンングは全て24K! 内装もまさに「豪華」という印象。

入場料無料、さらにヘルシンキ大聖堂から徒歩圏内にあるので、セットでの観光もオススメなスポットです。

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • 無料の観光スポットをまわりたい
  • インスタ映えスポットに行きたい
  • ヨーロッパの建築を見たい
  • ヨーロッパの美しい教会を見たい
  • 歴史を知りたい
  • 景色を楽しみたい

 

ここに注目!

歴史と学ぶ

ロシアのフィンランド統治時代の歴史を学んでから訪れると一層興味深くなるでしょう。ちなみに、ウスペンスキーはヘルシンキ大聖堂に対抗して建設されたという説も。ロシアとフィンランドの今の関係性も見えてきます。

 

絶景スポット

丘の上にあるので、寺院の前からはヘルシンキの市街を一望することができます。 フォトジェニックなスポットとして人気です。

 

ちなみに

・ウンペンスキーとはロシア語で「安眠」という意味。

・夏季は月曜日が閉館となるので気をつけてください。

 

所在地Kanavakatu 1, 00160 Helsinki
料金 / 入場料無料
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド