オーロラ撮影おすすめカメラ

これだけはおさえよう!


 

オーロラの特集こちら

 

自分でオーロラを撮影しよう

実際に幻想的なオーロラを目にしたら、誰でも「この景色を写真に残せたら」と思うのでは?

今は、カメラの性能がとても向上しているため、コツやポイントをしっかりと抑えておけば、誰でも撮影を楽しむことができます

「オーロラの撮影なんて難しそう・・・」そう思わずに、ぜひ挑戦してみましょう。

この記事では、初心者向きにわかりやすく、オーロラ撮影のために必要なものをご紹介します

オーロラ撮影で重要な機能

カメラの好みは人それぞれ。もちろん高性能の一眼レフが良いことは当然ですが、最近のコンパクトデジタルカメラ(デジカメ)でも綺麗にオーロラ写真を撮影出来るほど、性能が向上してきました。

オーロラの撮影とは「暗い空間で光りながら動くものを撮影する」ということ。ここで重要になるのは「光をどれほど集めることが出来るか」という点。

そのために、一眼レフやデジカメなどどんなカメラでも、必要な機能は3つあります。

それは、シャッタスピード・ISO感度・F値です。簡単に分かりやすく説明します。

 

①シャッタースピード

暗い場所で撮影したとき「シャッターがなかなかきれない」「シャッターを押してから撮影できるまで時間がかかった」という経験はありませんか?

これは、周囲の光が足りないため、カメラがより多くの光を集めている時間。つまり、より遅いシャッタースピード = シャッターを切るまでの時間が必要となったわけです。

では、できる限り遅い方ががいいのか?と思いがちですが、これも間違い。シャッタースピードが遅い=長くシャッターを切るということは、何度もオーロラの光を重ね撮りするということ。そのため、光がぼやける・強すぎるといった景色になりがちです。

そこで、ちょうどいい速さのシャッタースピードが必要となります。一般的には10秒から15秒ほど三脚でしっかりとカメラを固定し、シャッターをきっている間は決してブレないように注意しましょう。

 

②ISO感度

ISO感度とは、カメラが「どれほど光を捉えることのできるか」を表したもの。ISO感度が高いほど、光に敏感になり、暗い場所での撮影が出来ます。しかし、ここで注意したいことは、ISO感度の値が高くなるほど「ノイズが多くなる(=画質が悪くなる)こと」です。

そのため、暗い中撮影をするオーロラ撮影に必要な性能は「高いISO感度でも、ノイズが少ない(画質が悪くならない)カメラ」ということになります。

性能が良いカメラでは、ISO感度が1400以上でもノイズが少なく、画質が悪くなりません。ただ、それなりに値段は張るもの。一般的なカメラで画質を優先するには設定がISO50〜100になり、その分遅いシャッタースピードが必要となります。そうすると、ぼやけてしまうことに。ですので、少々カメラの値段が高くとも、性能が良いものを選びましょう。

 

③F値(レンズの明るさ、絞り)

シャッタースピードで説明した通り、オーロラ撮影には「暗い中でわずかしかない光をどれほど利用できるか」がポイント。そこで重要となるのがF値。F値とは、「どれほど光を集めることが出来るか」を示すもの。F値の数値が低い方が、より多くの光を集めることが出来るレンズであるということになります。

F値は基本的に「F2.0」などと表記され、具体的にオーロラ撮影に必要なF値は4以下。理想はF3.5以下です

そしてよりたくさんの光をあつめるため、ワイドな広角レンズ(角度が広いこと)を選びましょう。具体的には24mm以上がおすすめです

 

まとめると

✔︎「マニュアルモード」などがで、シャッタースピードを10〜15秒に設定可能

✔︎ 性能がよく、高いISO感度に設定してもノイズが少ないことが理想

✔︎ 3.5以下のF値、レンズは24mm以上の広角レンズ

 

それでは、実際に必要となる機材を見ていきましょう。

 

カメラ選びのコツ

一眼レフ・デジカメ共に、カメラ選びで考慮したい点は、上記の3機能 + 大きいセンサーサイズです。センサーサイズとは、名前の通り「センサー」の大きさを示します。

センサーサイズがより大きいほど、撮影することが出来る範囲が広く「敏感」になるのでよりくっきりとした写真に仕上がります。しかし、センサーサイズが大きいほどカメラ自体が大きく、重くなり、値段もより高価に。大きさはざっくりと以下の通りです。

センサーサイズ(mm)

フルサイズAPS-C4/31型1/2.3型 (スマホ等)
36 x 2423.6 x 15.6 17.3 x 1313.2 x 8.86.2 x 4.6

オーロラ撮影には、4/3(フォーサーズ)以上がおすすめです

 

一眼レフ

本格的なオーロラ撮影、オーロラをしっかりと撮影したい方は一眼レフを

一眼レフでは、本体レンズが必要となります。高価になりますが、性能や画質の良さはもちろんのこと、目的に合わせてレンズを換えることが魅力。

メリット / デメリット

メリットデメリット
・画質の良さ ・レンズの交換が出来るため、より目的にあった撮影が出来る ・バッテリーの持ちが良い・高い価格帯 ・操作がデジカメなどより複雑 ・大きい ・重くなる、機材が増える

 

おすすめの一番レフ本体&レンズ

Canon EOS 9000D (本体)

 

Canon EOS Kiss X9 (本体)

 

Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX (Canon用レンズ)

 

Nikon D850 (本体)

 

Tamron SP 15-30mm F2.8 Di VC (Nikon用レンズ)

カメラのキタムラから一眼レフをチェックする(公式サイトにリンクします)

  

ミラーレス一眼

レンズ交換が可能なミラーレス一眼は、価格帯や仕様共に「一眼レフはちょっと...」という方におすすめ。ミラーレス一眼でも、フルサイズのセンサーサイズを備えたものあり、センサーサイズ・価格帯・画質にバリエーションが多くあります。

(一眼レフと比べての) メリット / デメリット

メリットデメリット
・軽量、コンパクト ・価格帯が低い ・AI搭載が多い・バッテリーの減りが早い ・レンズのラインナップが少ない

 

一眼レフとの構造の違い

  • 一眼レフ:カメラの中にある鏡(レフ)にレンズに映る景色をミラーから反射させ、「光学ファインダー」を通して撮影。
  • ミラーレス一眼:ミラーがない代わりに、レンズに映る景色を「映像」に変換。それを「液晶モニター(電子ビューファインダー)」に写している。ミラー・光学ファインダーが付いていないため軽量になる。 

 

おすすめのミラーレス一眼&レンズ

OLYMPUS OM-D E-M10 MarkII (本体)

 

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO (レンズ)

 

SONY α6000 (本体)

 

SONY 単焦点レンズ E 16mm F2.8 (レンズ)

カメラのキタムラからミラーレス一眼をチェックする(公式サイトにリンクします)

 

コンパクトデジタルカメラ(デジカメ)

身軽さ・価格を優先するならコンパクトデジタルカメラがおすすめ。最近ではデジカメでも性能が高く、選択肢がとても多いのも魅力。

ただ、機種を選ぶ際は、上記のポイントをしっかりチェックしましょう。そして、レンズ交換ができないため、なるべく広角レンズを搭載しているものがおすすめマニュアルモード等でシャッタースピードやISO感度などを設定することが出来る、または「星空モード」などが搭載されているものが良いでしょう。

メリット / デメリット

メリットデメリット
・手頃な値段 ・小さく、軽い ・操作が簡単 ・数多くの撮影モード・画質が落ちる ・レンズの交換ができない ・バッテリーの減りが早い

 

おすすめのデジカメ

Canon PowerShot G9XMarkII

 

カメラのキタムラから人気のデジカメをチェックする(公式サイトにリンクします)

 

アクションカメラ

人気なGoProなどのアクションカメラでは「タイムラプス」での撮影がおすすめです。

 

GoPro HERO7

 

GoProをチェックする(公式サイトにリンクします)

 

スマートフォン

結論から言うと、スマホはまだオーロラ撮影には適していません。センサーサイズが小さく、上記の機能が備わっていないためです。カメラ購入を避けたい方は、レンタルがおすすめです。

 

オーロラ撮影に必要な機材

三脚や予備のバッテリー、結露対策に必要なものを一覧でご紹介しています。ぜひ。ご覧ください!

オーロラ撮影おすすめ機材

おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド