ヴィスビューへの行き方

飛行機またはフェリーで


バラと廃墟の街」ゴットランド島のヴィスビュー(ヴィスビーとも呼ばれます)。

ジブリ映画の『魔女と宅急便』で主人公のキキが暮らす街のモデルとなったことでも知られ、バラの花が美しく咲き誇るヴィスビューは、ジブリファンなら一度は訪れてみたい街。世界遺産にも登録されるのも納得な、スウェーデンが誇る観光名所です。

この記事では、ヴィスビューの行き方・アクセスを分かりやすく解説します。

ストックホルムから日帰りでもOKなヴィスビーへ行きませんか?

 

2通りの行き方

ゴットランド島ヴィスビューへ行くと決めたら、まず事前にチケットを予約しましょう。

ストックホルム市内から、ゴットランド島の中心都市ヴィスビューへのアクセス方法は主に2通りあります。

①飛行機

②バスとフェリー

各方法の概要、メリットやデメリット、そして価格帯を解説します。

 

①飛行機

日帰りまたは、移動時間を最短にして行きたい方におすすめな飛行機。

ストックホルムのアーランダ空港またはブロンマ空港からヴィスビュー空港はまでは約45分

 

メリット

メリットは、移動時間の短さ飛行時間は45分

ストックホルム中央駅⇆アーランダ空港まではアーランダエクスプレスの利用で最短20分。ストックホルム中央駅⇆ブロンマ空港まではフリーグブッサナバスの利用で最短22分。

チェックインなどの時間を含めても、バス+フェリーと比べ大幅に移動時間を削減することが可能です

 

デメリット

反対にデメリットは、費用。例として、6ヶ月前(2020年1月)に、2020年6月1日〜2日のストックホルム市内のすべての空港からヴィスビュー空港(VBY)までを

数ヶ月前からの予約でも、最安でも確実に1万円以上はかかる飛行機の利用

さらには、ストックホルム市内から空港までの料金も加算されます。

市内からアーランダ空港まで、フリーグブッサナバスがオンラインの事前購入で往復198SEK(約2300円)、アーランダエクスプレスでは579SEK(約6700円、ハイシーズン料金)。

市内からブロンマ空港まで、フリーグブッサナバス往復178SEK(約2060円、オンラインの事前購入)となります。

つまり最安で、[航空券代] + [約2000円弱の空港アクセス代] かかります

そして、メインの観光シーズンである7月〜8月は、時期により往復で4〜5万円程かかることも。予定が立ち次第、すぐに予約をしましょう。

 

また、飛行機はプロペラ機の利用となります。小型飛行機が苦手な方は、避けたほうが良いでしょう

 

飛行機の予約方法の詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

飛行機でヴィスビューへ

 

②バスとフェリー

バルト海クルーズを楽しむことが出来る、バスとフェリー。バスとフェリーの場合、

⑴ バスで、ストックホルム 〜 ニュネスムン (約45分)

⑵ フェリーで、ニュネスハムン 〜 ヴィスビュー (約3時間)

という、乗り継ぐ行き方になります。

 

メリット

メリットは、費用。航空券同様に6ヶ月前(2020年1月)に、2020年6月1日〜2日までの往復料金を調べます。

バスで、ストックホルムから近郊の街ニュネスハムンまでは、フリーグブッサナバスで往復119SEK(約1400円)、ニュネスハムンからはDestination Gotland社が運行するフェリーで往復528SEK(約6085円)。合計は、約7485円

つまり、同じ日時に飛行機を利用した場合と比べ、5000円以上安いという結果になりました

さらには、7月〜8月のメインシーズンに運行される、夜行フェリー(深夜02:15出発-05:30到着)は最安で往復190SEK(約2190円)

バス代を追加しても、往復合計約3590円という安さ。ホテル代も節約することができるため、安さを重視したい方におすすめのプランです

 

デメリット

デメリットは、移動時間の長さですバスとフェリーで3時間45分はかかり、そこに乗り継ぎ時間や待ち時間が加算されるため、片道4時間弱はかかります。

それでも、窓から景色を楽しみ、船内にあるレストランや土産屋をまわれば、退屈せず十分に楽しむことが出来ます。充電プラグも設置されており、快適さにも定評があります。

 

バス+フェリーの予約方法の詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください

フェリーでヴィスビューへ

 

目的にあった行き方を

飛行機、またはバス+フェリーをどちらを利用するかは、目的に合わせて選択しましょう!

時間が限られてる、またはより快適さを重視したい方は飛行機を、費用やクルーズ気分を味わいたい方はバス+フェリーの利用を。

費用や時間がかかっても、ヴィスビューは、一度行く価値のある場所!

ベストシーズンは夏6月から8月ですが、5月・9月は観光客がぐっと減るため、のんびりと観光したい方はこの時期がおすすめです。

ぜひ、『魔女の宅急便』のモデルにもなった世界遺産の街、ゴットランドのヴィスビューに、一度訪れてみてください。

 

予約方法を詳しく解説

こちらの記事では、各方法のチケット予約方法を分かりやすく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

①飛行機

飛行機でヴィスビューへ

 

②バスとフェリー

フェリーでヴィスビューへ

 

(2020年3月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド