カステレット要塞 (Kastellet)

「星」の要塞へ


 

概要

1662年、コペンハーゲン港の入口を守るために造られたカステレット要塞。ユニークな点は「星型」であること。

現在では、「チャーチル公園」とも呼ばれ、緑が豊かな、市民の憩いの場となっています。

水路で囲まれたこの公園は、容易には侵入できない構造になっています。上空写真を見ると、なんとも興味深いものです。

もちろん砲台も少数残されており、当時の面影を感じることも。

都会に位置しているにもかかわらず、自然に囲まれ、噴水に教会、ヨーロッパらしい風車があったりして、とてものどか。

聖アルバ二教会は、美しいゴシックスタイルの教会です。カルテレット要塞へ行ったら是非寄ってみてください。

 

こんな方におすすめ

  • 国の歴史を知りたい
  • フォトジェニックスポットに行きたい
  • ヨーロッパの建築を見たい

  

ここに注目!

「チャーチル公園」という名の由来

チャーチル公園という由来は、ウィンストン・チャーチルから。第二次世界大戦中にナチスに占領されていたデンマークを救ったイギリスへの敬意から名付けられました。公園ではぜひウィンストン・チャーチルの銅像を探してみて。 

 

ちなみに

・芝生は整備していることもあり、立ち入り禁止です。

・夏季には軍のオーケストラによるコンサートが行われることもあります。

  

所在地Gl. Hovedvagt, Kastellet 1, 2100 København
料金 / 入場料-
ウェブサイトこちら

(2019年11月現在の情報)

注目記事


あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド