クリスマスマーケット in スウェーデン

クリスマス特集


クリスマスは、スウェーデン語でJul(ユール)。まさに、スウェーデンの一大イベントです。

クリスマスの約4週間前の日曜日を、「Första Advent (フォシュタ・アドヴェント)」といい、その日曜日から毎週ろうそくに火を1本ずつ灯しています。

そのフォシュタ・アドヴェントのさらに1週間前、つまり11月の下旬頃から、毎日または週末限定で「Julmarknad(ユール・マルクナド)」と呼ばれるクリスマスマーケットが開催され始めます

クリスマスのデコレーションに欠かせない雑貨、ハンドメイドの工芸品、チーズやハムなどの食材まで屋台が並ぶクリスマスマーケット。

お土産探しはもちろんのこと、北欧らしい雑貨を見つけたり、北欧のホットワイン「グロッグ」を味わったりと楽しみ満載

旅行客のみならず、現地のスウェーデン人などたくさんの人で賑わう、大人気なイベントです。

この記事では、ストックホルムとヨーテボリで楽しむことができる、クリスマスマーケットをご紹介します

 

ストックホルム編

ガムラスタン

Julmarknad i Gamla Stan

ガムラスタン内のStortorget(ストールトーゲット)広場、ノーベル博物館の目の前で開催されているのは、1915年から続く伝統あるクリスマスマーケットです。

イギリスのデイリー・テレグラフ社が選ぶ「ヨーロッパの厳選クリスマスマーケット」にも選ばれたスウェーデンでも有名なスポット

期間中は、毎日開催されるのが嬉しいところ!

露店は30軒程とこじんまりとした空間に、クリスマス菓子や工芸品、ジャムやソーセージが並び、観光客はもちろんのことストックホルムの地元の人々で賑わっています。

Julmarknad i Gamla stan

所在地 Stortorget, 111 29 Stockholm
開催期間 11月最終土曜日〜12月23日 毎日11:00 - 18:00
入場料 無料

 

スカンセン

Julmarknad i Skansen

ユールゴーデン島にある世界初の野外博物館スカンセンのクリスマスマーケットは、クリスマス時期に週末限定で開催されます。1903年から続く伝統あるクリスマスマーケットです。

クリスマス期間には、ライブミュージックやスウェーデン伝統の民族衣装、ダンスまでを楽しむことができます

ルチア祭やクリスマス当日のイベントもあるのでウェブサイトは要チェックです!

所在地 Djurgårdsslätten 49-51, 115 21 Stockholm
開催期間 マーケットは週末のみ ウェブサイトにて日程を要チェック
入場料 大人160SEK
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

 

ドロットニングホルム

Julmarknad i Drottningholms Slott

ストックホルムから電車で一時間ほどでいくことのできる世界遺産ドロットニングホルム宮殿は、北欧のベルサイユ宮殿」とも呼ばれる、自然に囲まれた美しい宮殿です

そんな宮殿の広場で開かれているクリスマスマーケットは、毎年地元の人で賑わいます。美しい宮殿を背にしたクリスマスマーケットが素敵と人気。

美しい宮殿とクリスマスの両方を満喫してはいかがでしょうか?

所在地 178 02 Drottningholm
開催期間 年度により異なる ウェブサイトにて日程をチェック
入場料 無料
ウェブサイトこちら

 

ヨーテボリ編

リセベリ

Julmarknad i Liseberg

北欧最大の遊園地、リセベリ(Liseberg)。その遊園地内で開催されているクリスマスマーケットは、スウェーデン国内でも最大級

遊園地全体がクリスマスムードにつつまれ、おとぎ話のような空間が広がります。

ルームシューズにもおすすめな、もこもこの羊革のスリッパやハンドメイドのアクセサリー、クリスマスデコレーションのトムテの置物など、かわいい雑貨がたくさん

もちろん、ついついつまんでしまうスイーツやグロッグ、チーズなどの食材も揃います。

クリスマスマーケット以外にも、エレベーターでリセベリタワーを上がって行けば、Design Marknad(デザインマクナッド)とよばれる大きなショップが。ムーミングッツやスウェーデンブランドの雑貨も勢ぞろいです

もちろん、レストランも充実、インスタ映えなスポットも沢山あり、クリスマスらしいアトラクションも楽しむことができます。ヨーテボリではぜひ、リセベリへ! 

所在地 Stortorget, 111 29 Stockholm
開催期間 12月 - 詳しくは、営業時間の12月をチェック
入場料 115SEK
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

 

お役立ち情報

  • 買い物の際、支払いはカードの利用がほとんどですが、場所によってはSWISHと現金のみの場所もあるため、現金を少し用意しておくと良いでしょう
  • ツーリストインフォメーションやホテルのレセプションにて、地元に密着したマーケットを聞いてみるのもおすすめです。
  • 都市では、観光客が集中するので、スリや盗難に十分気をつけてください。

 

(2020年3月現在の情報です)

 


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド