デンマークのクリスマス料理

北欧の伝統クリスマス料理とは?


街中がキラキラ輝くクリスマスシーズン。

雪が降り積もり、日照時間が短い北欧だからこそ、この季節のイルミネーションやクリスマスムードを一層楽しむことが出来ます。

そんな北欧のクリスマス料理をご紹介します。

 

デンマークのクリスマス

デンマークではクリスマスはJul (ユール)といいます。
豪華なディナーと家族の時間を楽しむ、年一番のイベント。

そんなデンマークでは、どんなクリスマス料理を楽しむのでしょうか?

 

ディナー編

Ditte Isager / VisitDenmark

フレスケスタグ (Flæskesteg)

ハムがメインのスウェーデンやフィンランドとは異なり、デンマークのメインディッシュはフレスケスタグと呼ばれるローストポーク

豚肉の塊の皮の部分に細かい切り目を入れ、オーブンでじっくりと焼き上げます。

皮の部分がいかに「パリパリ」としているのかが重要。中は柔らかくとてもジューシー! クセがなくシンプルな料理なので、とても食べやすいです

付け合わせの定番は、Brunede kartofler(ブリュンネ・カルトッフラー)という、ジャガイモのカラメル和え。またグレイビーソースをかけていただくのがデンマーク流です。

 

リュドコール (rødkål)

鮮やかな赤ピンク色が印象的な、赤キャベツを蒸して煮たサラダのような付け合わせがリュドコール。

ちょっと酸っぱく、ローストポークの重さを中和してくれます。 日本ではあまり食べたことのない、クセになる味です。

実際デンマークでは、こちらのリュドコールを手作りで作る人は少ないです。なぜならスーパーで一年中売られているから。ビュッフェや付け合わせで見かけたらぜひお試しを。

 

デザート編

エブレスキュー (Æbleskiver)

一見「たこ焼き?」のような形をしているエブレスキュー。日本のたこ焼き機のような「エブレスキュー焼き器」がデンマークにはあり、たこ焼きと似たようなレシピで球状のケーキを作ります。ベリージャムと粉砂糖をふりかけたら完成。

外はカリっと、中はふわっと。味はパンケーキに似ています。思わずたくさん食べてしまう、そんな一口デザートです。

 

リースアラマン (Ris a la mande)

フィンランドやスウェーデン同様、クリスマスのデザートで定番なのが、ライスプディング。 家庭によって味は異なりますが、牛乳にクリームやバニラがベース。

そしてデンマークの定番はチェリーソース。 そして、鍋にはアーモンドが一粒丸ごと入れ、取り分けた際にアーモンドが入っていた人は、プレゼントをもらうことが出来ます。牛乳にお米・・・どんな味か気になる方はぜひ食べてみて!

 

ドリンク編

ユールボィグ (Julebryg)

デンマークではGløgg(グリュッグ)と呼ばれる、北欧定番のホットワインのほかに、ユールボィグというクリスマスビールも人気。

デンマークの数ある醸造所がクリスマス時期のみ、期間限定で発売します。

 


気になるクリスマス料理は見つかりましたか?

クリスマス時期にデンマークに旅行をされる方は、ぜひデンマークのクリスマス料理を試してみてください。


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド