ノーベル博物館

ノーベル賞のすべてがここに


 

概要

よく聞く「ノーベル賞」。世界的に権威のある賞であることは知っているけど、どう賞が生まれたのか、何分野あるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは?

ガムラスタンの中心、ストラトーゲットと呼ばれる大広場にあるノーベル博物館では、ノーベル賞の歴史から過去の受賞者の貴重な資料までを見学することが出来ます

ノーベルの本物の遺言や、ノーベル賞受賞者の直筆サインが書かれた椅子に座って、ノーベル賞授賞式の晩餐会で提供されるデザートを楽しむのが定番。

ガムラスタンの中心にあるため、他の観光名所へのアクセスも◎です。

 

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • フォトジェニックなスポットに行きたい
  • めずらしい場所に行きたい

 

ここに注目!

過去全受賞者のパネル

天井からたくさんぶら下がっているパネルたち。これは、過去の受賞者について説明されたパネルです。博物館内の空中レールをぐるぐる回り、奥にも控えるパネルはその数800枚以上。さすが100年以上の歴史を誇る賞。受賞者たちの偉大な功績を目で感じることが出来ます。

 

ノーベル賞を身近に感じる

ノーベル受賞者に贈られた過去の歴代メダルから招待状、そしてノーベルによる遺言を目の前で見て、読むことが出来るのは世界中でここだけ

また、博物館内のカフェではちょっとした受賞者気分を味わうことが出来ます。それは、ノーベル賞受賞者晩餐会で実際に出されるデザートを楽しめること。ぜひ、受賞者やロイヤルファミリーが食したデザートを味見してみては?

  

ノーベル賞受賞者のサイン

また、博物館内のカフェはある「儀式」で有名。それはなんと「受賞者がカフェのイスの裏側にサインをする」こと!

このカフェは、ノーベル賞受賞者が授賞式前に立ち寄り、実際に誰もが座ることが出来るカフェの椅子の裏側に直筆のサインをすることで有名です。イスの裏が「サイン帳」。カフェではぜひ、あなたの座ったイスをひっくり返してみてください。

  

ちなみに

お土産に

ノーベル賞のメダルチョコレートはスウェーデンお土産の定番です。ノーベル賞受賞者たちはお土産や記念に1000枚単位で買って帰るとか。バラマキ用にもぴったりです。

 

アクセス

旧証券取引所を改装し設立されたノーベル博物館は、旧市街・ガムラスタンのシンボル的存在。冬にはクリスマスマーケットが開かれる大広場を目の前に建っています。

  

所在地Nobel Museum, Stortorget 2, 103 16 Stockholm
料金 / 入場料大人120SEK
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド