国立劇場 (National Theatre)

オスロ最大クラシックな劇場へ


 

概要

1899年に完成し、ノルウェー王宮のすぐそばに位置するオスロ国立劇場は、オスロ最大の歴史ある劇場

「近代演劇の父」とも呼ばれるノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセン(Henrik Johan Ibsen, 1828-1906)の作品を主に上映しています。彼はあのシェイクスピア以降、最も人気を誇る劇作家と言われています。

近代的なオペラ&バレエ劇場とは打って変わって、ノルウェーで最も古いクラシカルな劇場です。

劇場ツアーも催されており、控え室やバルコニーなど劇場の内部をす知ることもできます。詳しくはこちらから。

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • 無料の観光スポットをまわりたい
  • フォトジェニックスポットに行きたい
  • ヨーロッパの建築を見たい
  • 演劇やコンサートを鑑賞したい

 

ここに注目!

イプセン・フェスティバル

2年ごとに、世界中の劇団がイプセンの作品を競演し合うイベント「イプセン・フェスティバル」が開催されています。

シンポジウムや学術会議、コンサートも催され、世界中から演劇ファンが集まります

まさに、未来の演出家の一大イベントです。

 

ちなみに

・ロビー内の見学は無料。

・正門にあるイプセンの像が。ぜひ探してみてください。

 

所在地Johanne Dybwads plass 1, 0161 Oslo
料金 / 入場料公演による
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド