ヴィスビューの教会めぐり

跡地なのにこんなに美しい


概要

バラと廃墟の街」と呼ばれるゴットランド島ヴィスビュー(またはヴィスビー)。

中世の町並みが色濃く残り、世界遺産にも登録されているこの場所での人気な観光プランといえば、遺跡巡り。5月から9月の夏限定無料で見学することが出来ます。

ちょっとめずらしい「教会の跡地巡り」をしてみませんか?

この記事では、ヴィスビューの人気な教会遺跡をご紹介します。

歴史

12〜13世紀頃、ハンザ同盟の影響を受け発展、バルト海での貿易において重要な役割を果たしていたヴィスビー。

その栄えた時代を表すのが、当時建てられた教会たち

のちの16世紀、ドイツからの攻撃によって、ハンザ商人によって建築されたサンタマリア大聖堂以外の教会は破壊されてしまいます。そして今、遺跡として残る教会たちは、現在でも街に溶け込み、ヴィスビューの景観の一部となっているのです

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • 無料の観光スポットをまわりたい
  • フォトジェニックなスポットに行きたい
  • ヨーロッパの建築を見たい
  • めずらしい場所に行きたい

 

サンタ・カーリン教会

概要

ヴィスビューで、最も大きい廃墟がサンタ・カーリン教会

「サンタ・カタリーナ教会」または、「サンタ・カタリーナ教会の廃墟(S:ta Katarina Kyrkoruin)」と呼ばれることもあります。

1233年に大広場(Stora Torget) にフランシスコ会によって建設。そして、1400年代に再建されました。枠組みがしっかりと残り「ここにはステンドグラスがあったのかもしれない」「ここに人々は並んでいたんだろう」なんて想像ができるほど、風情が色濃く残る、壮大な跡地。

無料で見学することができます

ちなみに

サンタ・カーリン教会は、ヴィスビューの大広場のすぐ隣に位置し、レストランやカフェ、土産屋が並んでいます。

オープンカフェやレストランで、このサンタ・カーリン教会を眺めながらの食事がヴィスビュー旅の定番。レストランのおすすめはBakfickan。テラス席では、教会を眺めながら食事を楽しむことができます。詳しくはこちらの記事からチェック!

所在地Stora Torget 2, 621 56 Visby
料金 / 入場料無料
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

 

セント・クレメンス教会

概要

ヴィスビー内でも特に人気なホテル・セントクレメンス(Hotell St Clemens)中庭から鑑賞することができることで有名なセント・クレメンス教会

5月から9月の夏季限定で見学することが出来ます。もちろん、宿泊をしてなくても、カフェのみの利用も可能

赤や黄色などカラフルなペイントに彩られたインテリアや建物は、なんともフォトジェニック。そして、見上げれば、風情漂う教会の遺跡が目の前にあるなんとも贅沢な空間です。

ぜひ、フィーカを楽しみましょう。

所在地S:t Klemensgatan 6, 621 55 Visby
料金 / 入場料無料
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

 

セント・ニコライ教会

概要

こちらは1200年代に建築された修道院であった場所。1525年に破壊されてしまいました。

正面にある2つの花形の窓が目印です。
現在は、夏季にオペラなどのコンサート会場として利用されることもあります。

 

写真を撮ろう

ヴィスビューへ訪れる際は、ぜひカメラの準備を。

フォトジェニックでインスタ映えなスポットが溢れるこの街。カラフルなペイントがされたカフェをバックグラウンドに、バラに囲まれた小道を歩きながら、教会の跡地にて写真をたくさん撮りましょう。

観光客が少ない時間帯を狙うなら、朝9時前がおすすめです。

さぁ、出掛けよう

バラ廃墟」というめずらしい組み合わせが、ヴィスビュー(Visby)という街をより魅力的にしています。

まさに「こじんまりとした街」で、移動も簡単。徒歩で全ての観光地を回ることができ、時間がのんびりと流れているのを感じます。

おしゃれなブティックやインテリア、雑貨店が多いのも魅力。レストランやカフェの内装はどこも可愛く、ノスタルジック。ストックホルムとはまた違う雰囲気があります。

スウェーデン人の夏の旅先としても人気なヴィスビュー。日帰りでも十分満喫することが出来ます。

ぜひ、歩きやすい靴とカメラを持って訪れてみてください。

(2020年3月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド