国会議事堂

スウェーデン政治の中核へ


 

概要

ストックホルム中心と旧市街のガムラスタンの中間に位置するへランズホルメン島(Helgeandsholmen)。その小さな島には、スウェーデンの政治の中核、スウェーデンの国会議事堂(Riksdaghuset)があります。

厳荘な石造りで、四角い東館と円形の西館の二つから構成。ちなみに、西館はかつてのスウェーデン銀行を改築したもので、内部には首相の執務室があります。

無料のガイドツアーが人気です。政治のみならず、中に展示されている芸術品も楽しむことが出来ます。

 

こんな方におすすめ

  • ヨーロッパの建築を見たい
  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • めずらしい場所に行きたい

 

ここに注目!

ガイドツアー

無料のガイドツアーにより、内部にある芸術品を始め、スウェーデンの国会議事堂内を気軽に見学することが出来ます。

無料で入場でき、無料でガイドツアーにも回れることは、とてもお得

英語があまり得意でない方は、前もって日本語でスウェーデンの政治や現状について調べておくと、より楽しく回ることができるでしょう。

議会開催期間 (9月〜6月)は、ガイドツアーは週末のみ、英語でのツアーは土曜・日曜13:30からです。クリスマス、年末年始などの祝日はお休みです。

旅行時期に合わせて確認しましょう。

詳しくは、こちらから。

 

ちなみに

・ストックホルム宮殿の隣に位置しており、ガムラスタンへのアクセスも◎。

・周辺には、国立美術館やガムラスタン内の大聖堂、ノーベル博物館など徒歩でまわることのできる観光スポットが多くあります。

所在地Riksgatan 1, 100 12 Stockholm
料金 / 入場料無料 (ガイドツアー無料)
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド