北欧の国々

北欧とは?


「北欧」とは位置・歴史・文化などのつながりで括られた地域です。

スウェーデン、デンマーク(グリーンランドなども含む)、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、さらにはバルト三国などの国が一般的な「北欧諸国」として知られています。

「Next, 北欧」では、スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークの4ヵ国を「北欧」としてご紹介します。

 

スウェーデン (Sweden)

© Ola Ericson/imagebank.sweden.se

北欧最大の国です。

首都ストックホルムはまさに水の都。

中世の町並みが残るガムラスタンや、ジブリ映画『魔女の宅急便』舞台としても有名となったゴッドランド島のヴィスビー は、スウェーデン人からも人気のバカンススポット。

オーロラを鑑賞するには、北部のキルナへ。アイスホテルも楽しむことが出来ます。観光の幅はとても広く、季節ごとにも楽しむのもおすすめです

スウェーデンの各都市については、記事「スウェーデン都市別ガイド」をチェック!

 

ノルウェー (Norway)

© Unsplash

スカンジナビア半島の西に位置するノルウェーは、南北約1750kmにも及ぶ地形が生み出す美しい自然が魅力

有名なフィヨルドや氷河などは世界中の観光客から人気です。北欧諸国の中でも「絶景スポットの宝庫」として知られています。

世界遺産に登録されているベルゲンのカラフルな建築ブリッゲンは、とてもフォトジェニックで、まさにインスタ映え。フロム鉄道では、ダイナミックな自然の景色を堪能でき、老若男女から人気です。

ノルウェーの各都市については、記事「ノルウェー都市別ガイド」をチェック!

 

フィンランド (Finland)

© Jussi Hellsten / Helshinki Marketing

北はノルウェー、西はスウェーデン、東はロシアと国境を接しているフィンランド。国土の3分の1が北極圏に位置し、 北部は世界屈指のオーロラ鑑賞地として有名。

ヨーロッパ1「自然が多い国」であることも魅力の一つです

オーロラスポットとしてもロヴァニエミには、一年を通じサンタクロースに会うことができる、サンタクロース村が。一年を通じてクリスマス気分を楽しむことができるのはここだけです。

オーロラをメインに観光するなら、フィンランド最北の村のサーリセルカへ。

マリメッコイッタラをはじめとした、デザイン大国としても人気です。ぜひ、北欧デザインショッピングを楽しんでみてはいかがですか?

フィンランドの各都市については、記事「フィンランド都市別ガイド」をチェック!

 

デンマーク (Denmark)

© Martin Heiberg/ Visit Denmark

海を挟んでスウェーデン・ノルウェーと向かい合い、とくにスウェーデンの南端からコペンハーゲンまでは、電車でたった30分ほど。

南はドイツと国境を接しており、4カ国の中で最も小さな国です

小さいながら、コペンハーゲンのカラフルな景観のニューハウンや、ディズニーランドのモデルとも言われるテーマパークチボリ公園など、訪れるべき観光スポットはいっぱい。

第二の都市、オーフスには、北欧最大の美術館、童話作家のアンデルセンの生誕地と知られているオーデンセではカラフルで小さな家が並んでおり、風情あふれる街並みが人気の観光スポットとなっています。

デンマークの各都市については、記事「デンマーク都市別ガイド」をチェック!

 


「Next,北欧」では、まだまだ知られていない北欧の魅力をお伝えしていきます。

ぜひ、あなたが「行ってみたい!」と思う北欧の国を見つけてくださいね!


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド