ヴァーサミュージアム

『パイレーツカリビアン』の世界


 

© Ola Ericson/imagebank.sweden.se

概要

1628年、スウェーデン海軍の誇りを担い処女航海へと出帆したヴァーサ号

全長約70mの巨大な船は、バルト海沿岸諸国における覇権争いが続く最中、「最大且つ最強の船」を目指し、当時の国王グスタフ・アドルフ王の命令によって設計されました。

しかし、この「比類のないほど強大な船」という注文が後に仇に。

異議を唱えることが出来ぬまま、国王が求める形に仕上げていき巨大な大砲を搭載した結果、なんとわずか数分間、海岸から約100mで沈没してしまいます

後に国家をあげてヴァーサ号の引き上げを試みていましたが失敗続き。しかし、333年後の1961年に奇跡的に極めてよい状態で引き上げられました

そんなヴァーサ号が「丸ごと」展示されているのがヴァーサミュージアム(Vasamusset)。その迫力はまさに圧巻で、まるで『パイレーツオブカリビアン』の世界そのもの。

日本語の説明も多くあるため、歴史とともに船を鑑賞しましょう。

 

こんな方におすすめ

  • 王道の観光スポットをまわりたい
  • フォトジェニックなスポットに行きたい
  • めずらしい場所に行きたい

 

ここに注目!

バイキングの世界

ヴァーサ号のみならず、ヴァイキング航海時代に関する展示があり、まさに「北欧らしい」博物館となっています。当時のスウェーデン軍の歴史から船員の生活までを知ることができ、船そのものに興味がない方でも楽しむことが出来る内容です

 

ちなみに

館内の温度

館内では照明を落としています。また、船の保存のため館内の温度は18〜20℃。夏場は、カーディガンなどの軽く羽織れるものを着てくると良いでしょう

 

混雑の時間帯

午後は団体客で混み合います。朝一番がおすすめの時間帯です。

 

スーツケースなど

荷物預け場所はないため、スーツケース等がある方は、ホテルやストックホルム中央駅等でロッカーに預けておきましょう。

 

所在地Galärvarvsvägen 14, Stockholm
料金 / 入場料大人150SEK
ウェブサイトこちら
営業時間こちら

(2020年3月現在の情報です)


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド