北欧クリスマス特集

今年のクリスマスは北欧で


ヘルシンキ、ストックホルム、オスロにやベルベンコペンハーゲンのクリスマスマーケットからフィンランドのサンタクロース村などの「クリスマスに行きたい!」観光名所や、北欧の冬の魅力、クリスマス文化や料理をご紹介。

友達や家族、カップルはもちろん、治安も良いため「ひとり旅」や「女子旅」にもおすすめな穴場、「北欧クリスマス」の魅力を存分にお届けします!

2020年のクリスマスは「北欧」

© Jussi Hellsten / Helshinki Marketing

「忙しい日々を忘れて、ゆっくりと楽しみたい」

「幻想的な世界の中で、リフレッシュしたい」

「海外で憧れのクリスマスを過ごしたい」

 

そんな方におすすめしたいのが、穴場な海外旅行の旅先「北欧」です。

ドイツの各都市、パリ、ロンドンなどと比べ観光客が少なく、治安も良い。英語が通じ、旅行者に優しくリピート客が多い北欧。

「心がホッと温まる」そんなクリスマスを北欧で過ごしませんか?

クリスマスマーケットを楽しもう

 

今は、日本でも人気となってきていますが・・・

本場のクリスマスマーケットは、日本で開催されているものとは比べ物になりません。

やはり、現地にしかない世界観、心温まるムード、中世の面影が残る美しい街並みと共に楽しむクリスマスには、どうしてもかなわないものがあります。

北欧には、テーマパークなどで行われる大規模なものものから、アットホームでローカルなものと、多様なクリスマスマーケットが開催されています。

 

クリスマスの本場、「サンタクロースの故郷」であるフィンランドのヘルシンキで人気なのは、ヘルシンキ大聖堂の目の前に位置し、サウナまで特設されているクリスマスマーケット。

そして、ロヴァニエミにあるサンタクロース村も見逃せません。デンマークの首都コペンハーゲンで人気なのはやはり、チボリ公園!あのウォルトディズニーがディズニーランドのモデルにした遊園地「チボリ公園」のクリスマスは、ディズニー以上に夢の国

そこは、一生に一度は体験したい、まさに幻想的な世界です

 

スウェーデンのストックホルムでは、1915年から続く、ガムラスタンという旧市街でのマーケットや、「北欧のベルサイユ宮殿」とも呼ばれるドロットニングホルムのマーケットへ。

第二の都市、ヨーテボリで人気なのは、北欧最大の遊園地リセベリでのクリスマスマーケット。日本の遊園地と異なり「レトロでどこかノスタルジック」なリセベリはムード満点

ノルウェーの首都オスロでは、スケートリンクが併設されたマーケットや、パレードやコンサートと共に楽しむマーケットなど。ブリッゲンが有名なベルゲンでも開催。雰囲気は、こちらのノルウェー観光局のビデオをチェックしてみてください。

 

一生に一度は、「本場のクリスマスマーケット」を体験してみませんか?

各国のクリスマスマーケットの詳しい情報は、以下の特集からご覧ください。

>フィンランド >スウェーデン >デンマーク >ノルウェー

 

サンタクロースに会いに行く

ここは、本当にサンタクロースに会うことができる場所。

ロヴァニエミに位置する、「サンタクロース村」。

サンタの部屋から、サンタが手紙の返事を送る郵便局、そしてもちろんトナカイなど、非日常な世界が広がっています。

オーロラも有名なロヴァニエミ。美しい街並みや絶景も魅力。冬シーゾンでは、犬ぞりやスノーモービルなどの冬のアクティビティも人気です。

>>>サンタクロース村をチェック

北欧のクリスマス料理を堪能する

北欧のクリスマス料理とは?

日本のようにクリスマスケーキやフライドチキンとは違う、本場のクリスマス料理を味わいましょう

クリスマスのハムや美味しいサーモン、カリカリの豚のリブや体があったまる北欧流のホットワイン、かわいいデザートなど、伝統的な北欧料理を試してみませんか?

レストランではビュフェスタイルで提供されているところが多く、一度に様々な北欧のクリスマス料理を楽しむことが出来ます。

各国のクリスマス料理は、以下の特集からチェック!

>フィンランド >スウェーデン >デンマーク >ノルウェー

なぜ北欧がおすすめなのか

クリスマスマーケットが有名なドイツや、女性に人気のパリ、大都会のロンドンなどではなく、なぜ北欧なのか?

それは「旅行のしやすさ」にあります。

① ちょうど良い規模

ドイツの人気なクリスマスマーケットの混雑さに驚いた旅行者の方は多いはず。

「混み具合が以上だった」「食べ物を買ったのに食べる場所がなかった」「100m進むのに30分もかかった」など、雰囲気を楽しむことが出来ても、人混みに疲れてしまったという口コミも。

その点、北欧はまだ有名都市に比べ、まだ未開拓のまさに「穴場」です。

せっかく休日を使う旅行。疲れるよりは、「ホッ」と心温まる旅先を選びませんか?

② 治安が良い・衛生レベルが高い

バルセロナ、パリ、アムステルダム、ベルリンなどはスリが多いことで有名です。特にパリでは、日本人を狙ったスリが多く、大使館から注意を呼びかけるほど。

その点、北欧の治安の良さは◎。Compathy Magazineによるが"Global-Peace-Index"の「社会的安全性・セキュリティ機能の高さランキング」を基に作成した治安の良い国ランキングによると、2位にノルウェー、3位にデンマーク、8位にスウェーデン、10位にフィンランドがランクイン。ちなみにここで日本は6位。

治安の良さに加え、衛生面も整っていることも魅力。トイレや水道の状態が良いことは旅行者にとって大切なポイントです。

③ 英語が通じる

海外旅行で一番苦労するのがやはり言語。英語ですら苦労するのに、「英語も通じない状況」は、不安ではありませんか?

「観光都市ならどこでも英語が通じるのでは?」というのは大きな間違い。スペイン、イタリア、人気の観光都市のパリなどでは英語が思うより通じないことに驚く方が多くいます。

北欧ではその心配はありませんEF Education Firstによる世界最大の英語能力ランキングによると、1位にスウェーデン、4位にノルウェー、5位にデンマーク、8位にフィンランドがランクイン。

旅行者に親切なことで知られている北欧の国々、英語が通じるのはさらに安心ではないでしょうか?

 

さぁ、次は「北欧の冬」についてみていきましょう。

 

北欧の冬の魅力

北欧の冬、寒さは?

「北欧の冬」と聞くとまず思うのは「すごく寒そう...」ではないでしょうか?

その通り、北欧の冬は寒いです。アラスカやカナダなどと比べると暖かい方ですが、最高気温が0度を超えない寒さです。

しかし、防寒対策さえしっかりすれば、北欧の寒さの元にしかない絶景アクティビティを楽しむことができます。

冬の気候や防寒対策についてはこちらの記事をチェック!さらに、オローラを鑑賞する際の防寒対策はこちらの記事をチェックしてください。

さぁ、次は北欧の冬ならではのイベントをみていきましょう。

 

冬のアクティビティ

オーロラ

北欧の冬といえばオーロラ

神秘的なこの自然現象は「一生に一度はみてみたい」ものではないでしょうか?

北欧の北部ではオーロラは頻繁に観測されています。街中で観られることも珍しくないほど。

北欧のオーロラリゾートはとても充実しており、オーロラ鑑賞の夜までの1日をしっかり楽しむことができるプランが沢山用意されています。

昼間は冬のアクティビティを楽しみ、夜はオーロラを鑑賞するプランが人気です。

>>>オーロラ特集をチェック

 

自然を楽しむ

北欧の自然は、まさに「最高のアクティビティ」をもたらします。

スキーはもちろん、スノーモービルハスキー犬の犬ぞり体験スノーシューハイキングなど。トナカイとのふれあいや冬のサウナも人気。

北欧では、冬の観光客に向けた設備が非常によく整っているため安心

冬の装備やレジャー品をレンタルすることができるため、荷物も増えず、心置きなく自然を満喫することができるでしょう。

他にも、低い気温と澄み切った空気、日照時間が短いことにより見ることができる星空は圧巻。

北の国ならではの絶景を楽しみましょう。

 

氷のアート

寒さから生まれる氷のアートは、北欧ならでは

アイスホテル氷の洞窟を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

毎年12月に建てられ4月には溶けてしまうアイスホテルはなんともユニークな体験。氷の教会アイスバーも人気です。

 

観光名所を独り占め

混雑しないクリスマスマーケットと同様、北欧の冬は穴場

寒さにより北欧の観光客はぐっと減ります

落ち着いて鑑賞したり、絶景を撮影するには最適の時期です。

観光名所のみならず、ショッピングで人気なマリメッコアウトレットムーミンカフェなど室内のスポットは、季節に関係なく楽しむことができる場所。

それなら空いてる時期に行くのも良いと思いませんか?

旅行だからといって慌ただしく動き回るのではなく、のんびりとカフェでお茶を楽しみ、北欧のアートに身を浸す。そんな「暮らすように旅する」スタイルもおすすめです。

  

旅行のプランを立てよう

「行ってみたい!」と思ったら旅行のステップガイドを参考にしてみてください。

  • すべて手配がされているフルパッケージ型から、航空券とホテルをメインとした手配のみのフリープランなどの「ツアーの種類」の違い
  • 自分で航空券を手配する「個人旅行」のメリット・デメリット
  • ツアーまたは個人旅行のどちらが向いているか

などをわかりやすく説明しています。

[Step1] ツアーでおまかせ?自由にプランを立てる?はじめての北欧旅行

 

治安も良いため、「ひとり旅」や「女子旅」にもおすすめな北欧のクリスマス。忙しい日常から離れ、今年のクリスマスは「北欧」で過ごしてみませんか?


おすすめの記事


  • 注目記事


    あなたにぴったりのツアーを北欧ツアー会社の比較
    現金は使えない!?北欧旅行にカードは必須
    自由に旅をしよう個人旅行の徹底ガイド